2010年07月10日

1960年のメロス 1960年のメロス

小竹向原で。

史実に基づいた文学座の若手別ユニットによる公演。
軽い笑いを入れつつの2時間ほど。

なかなか良かったです。
ホンもいいし、主役の亀田さんカッコいいし、あの蛍光灯がパチパチいう感じも好き。
東京タワーって言ったらグルンって振り向くの、笑った。
勉強になるな〜。
posted by モモジ at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156014225

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。